園医から

※子どもたちの健やかな成長を願って!
2018年(平成30年)6月・7月合併号
赤坂 徹

1.夏に向けて暑さ対策


1)紫外線の問題とその対策
6月になると曇っていても紫外線が強くなります。
日焼けは健康そうに見えるのですが、現在では紫外線は皮膚の癌を引き起こすとして、日に焼けないような対応が勧められます。
【対策】外出する時には帽子をかぶり、プールや屋外スポーツでの休憩は日陰でとるようにしましょう。車内への日差しを避けるような日よけをつけることも役立ちます。

2)熱中症の問題点とその対策
暑い日に冷房がきかない車の中にいたり、炎天下で屋外活動を続けると、めまい、頭痛、腹痛、嘔吐、だるさを訴え、対応が遅れると意識喪失、痙攣から死に至ることもあります。
【対策】帽子をかぶり、涼しい服を着せましょう。睡眠不足や体調不良の時、炎天下での運動を避けましょう。冷房をつけた状態でもお子さんを車中に残さないようにして下さい。ベビーカーは地面からの照り返しが強いので、大人が感じるよりも体温が上がりやすいので気をつけましょう。汗で失われた水分と塩分を補給しなければなりません。塩分(電解質)のバランスが取れたイオン飲料(補水液)を利用しましょう。これらの対応で回復しなければ医療機関を受診し、緊急時には救急車で病院に向かいます。

3)旅行の注意
楽しいはずの旅行も小さなお子さんにとって心身に大きな負担を与えることがあります。緊急時のため保険証、お薬手帳、母子手帳(受診時に役立つ情報がある)をお持ち下さい。
生活パターン:食事や睡眠のスケジュールが変わると体調不良になることがあります。
外食ばかりですと栄養が偏り、食べ過ぎや、食中毒の心配も出てきます。睡眠も不規則になり、十分な休息がとれないこともあります。
【対策】お子さんの日常のスケジュールに合わせて、心身への負担を減らしましょう。
新幹線:短時間の乗車でも冷房が強くて体が冷えてしまうことがあります。
【対策】室温に合わせて着せたり脱がせたりしましょう。
自動車:狭い車内に閉じ込められているようなものですから、不機嫌になりがちです。
冷房があったとしても窓から入る太陽光による輻射熱で熱中症になることもあります。
【対策】トイレのためにも途中で休憩時間を設けて、全員が休みを取りましょう。

 

2.乳幼児のうつる病気(感染症)といつまで休ませるかの目安
幼稚園を休ませるか、病院に行くかどうかを迷うことがありますね。37.5度以上の発熱、体にぽつぽつ(発疹)、下痢、嘔吐などはうつる病気の可能性がありますので病院を受診しましょう。鼻水、咳、ゼーゼー(喘鳴)、呼吸困難がある時、いつもと違って元気がない場合にはうつる病気ではないかもしれませんが、受診をお勧めします。うつる病気には学校感染症として出席停止の期間が定められている場合があります。受診して担当医にご相談下さい。一般的には病気の症状が消失もしくは減少して、睡眠、食事、運動など通常の生活ができるようになってから登園しましょう。

 

代表的な学校感染症の出席停止の期間

画像:代表的な学校感染症の出席停止の期間

※学校医(園医)、その他の医師が感染の恐れがないと判断した時には登校(園)が許可される。